JaM -Artist in Homestay- はメキシコと日本のそれぞれで活動しているアーティストが、「アーティスト・イン・レジデンス」ではなく「アーティスト・イン・ホームステイ」という新しい形でもう一方の国の日常を体験する事でローカルな部分の再発見と両国の密な交流を目指すものです。
 

2年を1サイクルとし、日本とメキシコから4、5人ずつアーティストを選出、両国を訪問して約2週間現地の一般家庭に滞在、ギャラリーでのグループ展示を行います。そしてその異国でのローカルに密着した滞在で得られる経験を持ち帰り、また次の年へつなげていくという継続的なプロジェクトです。

News

新しいプロジェクト「JaM session 1.5」が動き始めています!

この度文化庁の補助金事業「ARTS for the future!」の採択が決まり、無事に企画を実施できることとなりました!

 

参加作家は日本在住のメキシコ人作家2名と日本人作家2名。

それぞれが日本国内の異なる地域でホームステイをし、その経験から新作を制作。

12月に東京都内のギャラリーにて展覧会を行います。

 

これからどんどん情報を発信していきたいと思います!